【連載・フレコンバッグ製造工程の御紹介】第六回 検品工程

前回はフレコン製造工程におけるボトルネック部分である縫製工程を紹介しましたが、縫製され、完成されたフレコンは検品され、仕様によってはPE(ポリエチレン)内袋を装着され、畳まれ出荷されます。

弊社では品質要求が高く、付加価値の高いフレコン製品を主に生産しているため、この検品工程には特に重きを置き、他の製造会社と差別化をしております。

本工程の作業内容としては、運ばれてきたフレコン完成品を先ず締め縄等の付属品を装着の上、糸切りをし(縫製糸が本体に残っている場合)、そして一度目の検品を行い(仕様通りに完成されているか、異常が無いか)、その後異物除去をします(糸くずやその他異物がフレコンの外部、内部に付着していないか)。

ここまで処理したフレコンを次はクリーン度の高い特殊空間に移し、更に再検品もう一度を行い、その後仕様に応じて内袋を装着、内袋を外袋に定着させ、折畳んだ後、金属探知機を通します。

この一連の作業は、ほぼ手作業にとなりますので、多くの作業員を要する工程となります。

フレコン工場ではこの検品工程にどれほどの作業員を配置しているかでその会社の品質レベルを判断できると言っても過言ではありません。

 

弊社が取り扱うフレコンバッグの特徴についてはこちらをご覧ください。

その他お問い合わせについては、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

フレコンバッグ検品の様子

フレコンバッグ検品の様子

フレコンバッグ吊りベルト検品の様子

フレコンバッグ吊りベルト検品の様子

フレコンバッグ内部検品の様子

フレコンバッグ内部検品の様子

フレコンバッグ糸切りの様子

フレコンバッグ糸切りの様子

お問合せ

Contact

フレコンバッグのお見積りは、
こちらのフォームより
お申込みください

そのほか弊社についての
お問い合わせは下記のフォームから
お気軽にご連絡ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL:092-474-1598

FAX:092-474-1676  
Email: furecon@mediaint.co.jp

Copyright © Media International Co., Ltd. All Rights Reserved.