01.弊社製品の特徴

フレコンバッグの特徴

  • 01

    お客様のニーズに合った設計

    お客様のフレコンバッグへの充填環境、構内運搬、出荷などの物流仕組みを十分検討した上での開発、設計、試作、評価及び量産化。

  • 02

    国内での製品開発と海外での製造

    日本でのフレコンバッグ製品開発と海外自社工場での試作、性能試験、量産によって最適な仕様を最短納期でご提供。

  • 03

    徹底したコストダウン

    自社工場の原価管理を徹底し無理無駄を省き、不良率の低減と歩留まりの向上に努め、また現地でできる事は現地で行い、最少人員の本社体制の確立により徹底的したコストダウンを実現。

  • 04

    在庫管理代行

    得意先様のフレコンバッグの在庫管理を代行し、ジャストインタイムの供給体制を確立。

  • 05

    ハイレベルなフレコンバッグの品揃え

    新JIS規格対応、高清浄度仕様、食品用仕様、UN危険物輸送仕様、導電性仕様、抗静電仕様などのフレコンバッグ生産において多数実績あり。又、フレコンバッグ用内袋(アルミ多層内袋、導電性内袋、抗静電内袋)などの単品供給も可能。

静電気対策フレコンバッグについて

弊社では静電気対策のフレコンバッグ全種類(タイプB~タイプD)を取り揃えております。
粉じん爆発などの発生の恐れのある環境においても安心してお使い頂くことが可能です。

フレコンバッグの種類

  • タイプA:静電気対策が特に施されていない一般的なフレコンバッグです。

  • タイプB:沿面放電の発生を抑制するように設計されたフレコンバッグです。静電気災害防止対策された環境において、着火エネルギーが3mJを超える粉じん環境下で使用できます。

  • タイプC:カーボン・スチールまたは銀の芯のある導電糸が、一定間隔内に混織された生地により作られたフレコンバッグです。粉粒体などの充填、排出の際に発生する静電気を速やかに減少させ、災害につながるエネルギーを蓄積させない仕組みになっております。弊社では検品後出荷前に全品導電性をチェックし、出荷を行っております。

  • タイプD:ブラシ放電や沿面放電の発生を防ぎ、接地の必要がない、安全のために設計された素材からつくられています。このタイプのフレコンバッグは帯電した際、導体が近づいた時にブラシ放電や沿面放電を起こすよりも先にコロナ放電を起こします。コロナ放電は無声放電とも呼ばれる音も光もほぼない非常に弱い放電のため、発火を起こしません。接地を必要としない、静電気の危険に対する完全保護を目的としたフレコンバッグです。

内袋の種類

  • L1内袋:少なくとも片面の表面抵抗率が (23±2℃且つ相対湿度20±5%の条件で)1.0×107Ω以下という導電性の高い内袋です。作業中、これを接地することによって電位は 300 V 以下となり、火花放電を生じません。接地不良であると容易に火花放電を生じるため、取扱いには注意が必要です。タイプL1内袋は、タイプCとだけ組み合わせることができます。

  • L2内袋:少なくとも片面の表面抵抗率が(23±2℃且つ相対湿度20±5%、23±2℃且つ相対湿度60±10%の条件にて)、1.0×109Ω以上 1.0×1012Ω以下の範囲をもつ内袋です。このタイプは、接地して使用することが原則ですが、たとえ接地不良となっても着火性放電を生じにくいという特長があります。L2 内袋は、タイプB、CおよびDと組み合わせて使用することが可能で、前述の特長も相まって最も汎用性のある内袋です。

  • L3内袋:両面の表面抵抗率が(23±2℃且つ相対湿度20±5%の条件にて)、 1.0×1012Ω超という絶縁性の内袋です。ただし、絶縁破壊電圧は4kV 未満としております。この内袋は、沿面放電を生じることはありませんが、一方でブラシ放電を防止することはできません。したがって、組み合わせ可能なフレコンはタイプB だけとなります

食品衛生法・食品、添加物等の規格基準について

弊社では「合成樹脂製の器具又は容器包装の材質規格(厚生省告示第370号)」に基づき、フレコンバッグスタンダード原反及び食品向け内袋の定期検査を実施しております。
弊社のスタンダード原反は本規格内の全ての基準値において適合の数値を示しており、食品、飼料などの用途をご希望されるお客様にも安心してお使い頂けます。

食品・医薬品向け無添加ポリ袋

弊社ではお客様のご要望により食品・医薬品向けの無添加ポリ袋を組合わせたフレコンも生産しております。
フレコンの内袋に使用されるポリ袋はLDPE、LLDPEがメインの原材料になりますが、
基本的に無添加原料は、ラジカル重合タイプのLDPEになります。
一方、LLDPEはイオン重合のため、インフレーション等の反応時に触媒が使用されます。
一般のLLDPEは塩素系触媒が使用されますが、塩素には腐食性があり、中和の為に「ステアリン酸カルシウム」等も添加される為、塩化カルシウムやステアリン酸等が生成されてしまいます。

弊社では斯様な物質の内容物への溶解を避けるべく需要家様への無添加ポリ袋の提案を行っております。
また湿気に弱い内容物の場合、弊社では複合仕様のアルミ内袋を組合わせたフレコンを提案しております。
密閉性が高いアルミ内袋では内容物を湿気より完全に守ることが出来ます。
加えて含水量の高い内容物に関して、アルミ内袋は酸素透過率が低い為、内容物の遺漏を防ぐだけでなく、一部発酵の進行を防ぐことも可能です。

各種試験機械

お客様に安心してご使用頂ける製品供給の為、自社内に各種試験機械を設置しフレコンの各種部材及び製品性能を定期的に計測しております。

フレコンの吊り上げ強度試験機

万能引張強度試験機

QUV紫外線蛍光ランプ式促進耐候性試験機

取扱製品例

弊社では、お客様のご要望に応じて様々なフレコンバッグを設計、製造しております。

フレコンバッグ知識へ

02.品質保証

品質管理体制

下記のフレコンバッグ品質管理体制で、品質管理を徹底しております。

【保証期間】
1年(納入日起算)
※ただし、以下の条件の下とする。
【フレコンバッグの保管場所】
紫外線の影響を受けない屋内であること。
【フレコンバッグの取扱条件】
1回限りの所定の使用。(ただし、特別な仕様のフレコンバッグは除く)

各種認証及び製品に関する試験成績書

03.研究開発

フレコンの社内強度試験

フレコンのJIS Z 1651基準試験

国連危険物輸送UN試験

耐候性大型土のう性能試験

フレコンの部材強度試験

フレコンのUVB耐候性試験

タイプC導電性試験

フレコンの社内設計

04.応用例

弊社フレコンの客先部分応用例

化学品 / 食品 / 活性炭 / カーボン / 電池材料 / 塩 / 農薬 / 飼料 / 加工肥料 / 除染廃棄物容器 / 耐候性大型土のう / 静電気対策フレコンバッグ / 隔壁付フレコンバッグ / 型崩れ防止加工 / 粉漏れ防止加工 / 防塵加工

汎用フレコンバッグ

長尺型フレコンバッグ

型崩れ防止隔壁付フレコンバッグ

静電気対策(導電性)フレコンバッグ(TYPE C)

耐候性大型土のう

多段積み対応フレコンバッグ

ユニットフレコン(モッコ袋)

バルクコンテナライナー

お問合せ

Contact

フレコンバッグのお見積りは、
こちらのフォームよりお申込みください

そのほか弊社についての
お問い合わせは下記のフォームから
お気軽にご連絡ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL:092-474-1598

FAX:092-474-1676  
Email: furecon@mediaint.co.jp

Copyright © Media International Co., Ltd. All Rights Reserved.